カジノゲームのブラックジャック

カジノゲームのブラックジャック

ブラックジャックはカードゲームで家庭内とか友人どうしでも遊んだことのある人が多いでしょうが、カジノでもよくプレーされているものの一つです。
基本的なルールはかなり単純で、小学生でも簡単に理解できる程度のものですが、配られたカードの数字を合計し、21かそれに近いほうが勝ちになります。
ただし21を一つでもオーバーしてしまうと負けになりますので、できるだけ近い数字になるように配慮しつつも、欲張って21を超えてしまうことがないようにする必要があるわけです。

2から10までのカードはそのままの数字を読み、絵札は全て10

ちなみに数え方ですが、2から10までのカードはそのままの数字を読み、絵札は全て10と扱います。
Aはちょっと例外的で、1と扱っても11と扱ってもどちらでもよく、プレイヤーが都合の良いほうを取ることができるようになっています。
最初に各プレイヤーに配られるカードは常に2枚で、それを見てもう1枚引くか、それとももう引かずにその数字で勝負するかを選びます。
カジノでのゲームの場合、各参加者は全て個々のプレイヤーとなり、それぞれが1対1でディーラー側と対戦することになります。
参加者どうしでの対戦はありません。
そして重要なことは、ディーラーは自分のカードを見て、合計が16以下であれば常にもう1枚引き、17以上になれば常にその数字で勝負する戦略になっていることです。
これは極めて単純なもので、戦略とさえ呼べないようなものかもしれませんが、間違いではありません。
言い換えれば彼は頭を使って考えを練っているのでは全くなく、いわば機械的にプレーしているに過ぎないということです。

ブラックジャックの奥の深さ

こんな機械的なやり方をしている相手に対して、個々の勝負では負けることはあっても、長い目で見れば頭をひねってゲームを行っているプレイヤーが負けるはずがないと考えることでしょう。
ですが世界中のカジノを見ても、別にブラックジャックで運営者が破産に追い込まれたといった話は聞いたことがありません。
よほどこの単純極まりないやり方が優れていて、簡単に勝てるか少なくとも負けるようなことにはなっていないのでしょうか。
そんな馬鹿な話はありません。
この方法が素晴らしい訳ではなく、機械的プレーであるがゆえにこのままでは勝てるはずがないのです。
その理由はどこにあるかというと、先にも書いたように22を超えてしまった場合の取り扱いにあります。
プレイヤー側が22を超えた場合、ディーラー側の数字に関わらず全て負けになるのがその秘密です。
プレイヤーが22を超えた場合であっても、ディーラーも同様に22を超える可能性だってあるはずであり、その場合は公平に言えば引き分けになるべきと思われます。
ですがルール上はそのようにはなっておらず、有無を言わさずプレイヤーの負けとなる扱いだということです。

プレイヤーは戦略を高度化することが求められている

これが機械的やり方と人間が頭をひねって戦略的にプレーするときの差というか、ハンディだということもできます。
ですが、実はこれだけのルールだと今度はあまりにもディーラー側が有利になってしまうことが分かっています。
それほどまでに22を超えると一方的に負けとするのは厳しいということです。
そこで、このバランスをとるために、ディーラーに最初配られた2枚のカードのうち、1枚は表向きにされてプレイヤー全員が見えるようになっています。
これを一種のヒントとして、プレイヤーは戦略を高度化することが求められていることになります。
ブラックジャックでは、絵札は全て10扱いですので10と数えるカードの割合が多いことに気づきます。
AからKまでの13枚のうち、10・J・Q・Kの4枚は全て10になるのですから割合としては4/13になり、実に3割以上です。
ですので、見えているディーラーのカードが例えば絵札や10とかAであれば、伏せられているカードの30%以上は10ということで合計が20や21になる可能性が高いことが分かります。
こういうディーラーに対しては、こちらが弱い数字ではなかなか勝ち目が薄いわけで、22を超えてしまう危険性が多少あろうとも強気で21に近づけるようにすることが求められます。
一方、見えているディーラーのカードが例えば4とか5であったとすればどうでしょう。
詳しい計算をここで行うだけの余裕はありませんが、このような場合、ルールに従って16以下であれば追加で引き、17以上になるとそこで勝負というやり方を行った場合、実に3割以上もの確率で22を超えてしまうことが知られています。

まとめ

このようなディーラーに対しては、無理に危険を冒してまで21に近い数字を求めていく必要性が低いです。
極端な話をすれば、こちらとしてはとにかく22を超えて自動的に負けとなってしまうことさえなければ、相手側が勝手に自滅してくれるということもできます。
このような考え方はあくまで一つの基本でしかありませんが、これを基本として戦略を考える面白さがカジノでのブラックジャックです。